ただいま!

  いま、日本に帰ってきました。
たくさんの大きな経験が出来たので、フウガはもちろんフットサル界にも何かしらの形で伝えていければと思っています。
スペインのフットサルをコピーするためには、フットサルだけでなく、彼らの全ての文化を知り、それを実行しなければならない、ゆえに私達日本人にコピーするのは無理だし、その必要もないと思っています。
「日本のフットサル」

日本人の美徳を大切にしながら、結果も追求していけば、いつかはそれが形になるのではと思っています。

とても長い道のりかもしれませんが、いま日本のフットサルに関わっているみんなでやっていけばきっと成し遂げられるはずです!
5月に予定している講習会もそんな皆さんと意見交換できる機会としてとても楽しみにしています!
さて、今回たくさんの皆さんにお世話になったので少し書きとめさせてください。
前川さんのおかげでサンティアゴでの研修が素晴らしいものになりました。かなりのんだ時間をかけて企画されていたとのことで、この場を借りて感謝いたします。

バルセロナでも一緒に色々な試合を見ながら意見交換が出来て自分の指導の幅が広がりました。

余談ですが、前さんの味覚が間違いないということも分かりました…笑
また、同じくサンティアゴでにて髪型は完全に日本人ながら、スペイン語、英語、フランス語、ポルトガル語、中国語を操る馬場さんにとてもお世話になりました。

彼のフットサルへの姿勢、情熱は日本の全指導者がインスピレーションを受けるはずです。

5月末に帰国予定とのことなので、これからの日本での活躍が非常に楽しみです。

ゲンさん、錦糸町でもしっかりと肉を食う権利を得ましょうね!

また、シーズン中にも関わらず、私達を受け入れてくださったサンティアゴのクラブの皆様方にもこの場を借りて感謝いたします!
アルカラ デ エナーレスに移動してからは、現地で10年以上フットボールのカメラマンをされているムツさんに大変お世話になりました。

長くスペインに住んでいて感じることやこちらのフットボールの話が出来てとても興味深かったです!
バルセロナに移動してからは、バルセロナで3部のチームの第2監督と下部組織チームの監督をされているケン ワタナベさんにたくさんのアテンドをして頂きました!

女子の試合やバルサやサンタコロマ、ラスコルツなどの下部組織をしっかりと計画的に見られたのもケンさんのおかげです!

最終日はスペインリーグの試合のビデオを見ながら意見交換が出来てとても良い経験になりました。

8月に帰国予定とのことなので、メガネの中の鋭い視線から見たFリーグの感想が楽しみです!
そして一緒にサンティアゴで研修をしたみんなとは少し時間が経ってからこの経験をどう生かしたのか話をしてみたいです!
最後にほとんどの日程を一緒に過ごした、専属通訳の高橋ホセ健介氏、ありがとう!

彼がどんな指導者(今の所ルイスエンリケ風)になっていくのかとても興味深いですね!
それでは今からトップチームのトレーニングに行ってきます!
久しぶりにみんなに会えるからテンションMAXです! 

  

 

 
  
 

Read More