プロフェッショナルクリア

今回のコンフェデ杯の日本の戦い方を見て、日本には「プロフェッショナルクリア」(そんな言葉があるのかは知りません)が少ないなと感じました。

クリアをタッチラインにするのか、それとも残すのかを相手チームのレベルと点差、時間帯やボールのある位置を考えて行うことが必要で、ボールをタッチラインに切ることによって、OFには結びつけることは出来ませんが次のプレーが守備であることを11人全員が意識できるため、視野の確保と守備の陣形を迅速に整えることが可能になり、結果自分たちの守備のポテンシャルを最高に引き出せます。

ただでさえ、体にアドバンテージが無い日本はDFもOFもポジションを取るスピードを世界最速にする必要があります。

クリアは、育成年代では嫌われるプレーだし、僕もなるべくボールを保持しようと声をかけていますが、結果を残す年代ではやはりクリアは必要なプレーであり、能力であると思います。

また、意識というのは頭で考えるだけでは向上しません。

何度もトレーニングや試合で実行して、繰り返すことにより体に染み付いていくもので「あの時クリアするべきだった・・・」では遅いのです。

僕のオススメは、遅くとも中学生年代くらいから、点差や時間帯を明確に決めて紅白戦をすることです。

例えば、A対Bの対戦でAが1-0で勝っていて、後半残り10分という条件をつければ、Aはある程度クリアをしてもオッケー、逆にBは少しリスキーでもボールを繋がなければならないということになります。

よく「こういうプレーは良いと思いますか、悪いと思いますか」 と聞かれます、しかしほとんどの場合そのプレーの時間帯、フィールドにおけるそのプレーの場所、相手との実力差、フットサルならファールの個数などの話は出てきません。

つまり局面だけを切り取った話になってしまうのです。ただクリアがいけないと頭ごなしに教えるのではなく、今どういう状況か考えてクリアをするべきかどうかを考えさせるべきです。

そしてこれはクリアだけの話だけではなく、日本のフットボールをよく表している現状だと思います。

局面を切り取って議論しているだけでは世界にはおよそ及ばない・・・   記者の方にあの場面でなぜこのような采配をしたのですか??と質問されますが、ほとんどの場合、「なんとなく」と答えたいのが本音です。

そうは答えませんけどね。。

でも、僕は局面だけを切り取って選手を選ばないし、一つの状況だけを改善しようとすれば結果的に他の綻びも出てきてしまう。

過去の経験に基づいた「なんとなく」ほど正確な采配は無いと思うし、選手のプレーの決断や判断もまた、同じだと思います。

話は逸れましたが、先日ブラジルに感じた「フットボールを知っている」という感覚は11~12歳くらいから、時間帯や点差、ボールがある位置によってのプレーの選択等を意識し続けた結果で、そのすべての前提は負けず嫌いであることで、勝ちたい!という欲求が選手を自然にそういう方向に導いて行くんだと思います。

フットボールは点差を争うスポーツ、負けてもいいと思っている選手がこのスポーツの本質を極められるとは思いません。

自分のチームの下部組織にも言えることですが、今の子供たちは私たちが子供たちのころとは比べようがないくらいの技術や戦術眼を持っています。(少なくともフウガの選手たちの少年時代よりは)

しかし技術や戦術に意識が行き過ぎて、その本質から選手たちが離れていかないように、私たち指導者は選手たちを導いていく必要があります。

 

Read More

世界一になるには

本日の日本代表の立ち上がりからの全開のプレッシングには感動すら覚えました。

ただ攻守にわたるゴールに直結するマネージメント能力の面で強豪国とは大きな差があると感じました。

 

サッカーにおけるフットサルの有効性に「足技の向上」がよく挙げられますが、

僕はそれ以上に「攻守にわたるゴールに直結するマネージメント能力の向上」を挙げます。

 

DFにおいてはクリアするところと繋ぐところを間違えないこと、ボールから常に目を離さないこと、

相手より先にポジションを取ること、マンツーマンDFにおける立ち位置、

OFにおいては、DFの視野との駆け引き、GKとの1対1でのアイディア、2人でパス交換時DFがボールウォッチャーになっているときの3人目のゴールを狙った動きだしetc

 

それらの欠如を今日の日本の試合を見て改めて感じました。

現在ブラジル代表のプレーを見る機会が増えて改めて感じること、それは個人をしっかりマネージメント出来ているな、ということです。(たまにやりすぎちゃうけど・・・)

勝負のカギになるところを「知っている」と随所に感じます。

それは幼少のころから自陣と相手陣の近いエリアの「ミニゲーム」をしてきたのではなく、「真剣勝負」である、 フットサルの試合をし続けてきたことに疑いの余地はありません。

自陣でドリブルやパスを失敗すればすぐに失点すること、DF時ボールから目を離せばすぐにシュートを打たれること、逆にOF時にボールから目を離せばその選手は「死んで」しまうこと、 利き足を意識してDFすること、自分たちから無理にボールに寄せなくても負けているチームは無理にでも攻めてくること、そしてそのとき無理して寄せてしまうと相手に簡単にスペースを与えてしまうこと、

このようなことを真剣勝負の中で学んでいくのです。

別にだからと言ってフットサル万歳!ということが言いたいのではありません。

日本が強くなるために何が足りないのかを考えるとき、果たして今足りないのは世界最先端の戦術なのかなということです。

本日の試合で僕が日本代表に改善して欲しいと抱いた感情は指導している小学生チームに抱いた感情と大差ないことが多く、すなわちそれはフットボールの根本の部分なわけです。

やはり、「当たり前」を当たり前に根付かせること無くして、日本の世界制覇はないのかなと感じました。

それを根付かせるために、幼少時代からの「上手くなる」だけでなく、「上手くなりながら勝つ」ことを意識した指導が必要です。

そのためには、華麗なパスワークやドリブルばかりでなく、 DFの仕方やクイックリスタート、クリアするべきところではする、シュート練習だけでなくゲーム中のシュートの機会を増やす といった攻守にわたるゴールに直結するマネージメント能力向上の指導がとても重要だと思っています。

 

けれども前述したように本日の日本の立ち上がりのプレスは素晴らしく、途中で息切れはしましたが、

イタリア人がガス欠になる中、最後まで走りぬいた日本の選手を心から誇りに思います。

 

これは世界のほとんどのチームが出来ない特殊能力であり、決して文化として無くならないように称賛する必要があると思います。

 

 

 

Read More

八広校開校

fuga_futsal_school_logo_emb_l

 

フウガフットサルスクール八広校が、2013年7月2日(火)に開校します!

 

いよいよ墨田での開校ということでとても嬉しく思っています!

 

コーチはno.18荻窪がメインコーチ、no.14石村がサブコーチを務めます。

 

荻窪のトレーニングは論理的ですがとても面白いと評判で、

石村は誰よりも雰囲気を盛り上げられるコーチ、お勧めコンビの指導、是非体験にいらしてください!!

 

<フウガフットサルスクール八広校>

[クラス] ○一般クラス ・ビギナークラス(3歳~小学1年) ・ミドルクラス(小学2年~4年) ・アッパークラス(小学4年~6年)

※詳細は、フウガフットサルスクールホームページをご確認ください。

[会場] 八広地域プラザ「吾嬬の里」多目的運動場(屋外人口芝コート) 〒120-0044 墨田区八広4-35-17(旧第五吾嬬小学校跡地) 京成線「八広」駅 徒歩7分

八広校の情報はこちら http://school.fuga-futsal.com/place/yahiro

Read More

サービス精神

普通に試合して普通に終わったら、「お金」より大切な「時間」をかけて見に来てくれたお客さんに申し訳ない。

フウガにはいつもそういう気持ちがあります。

 

今回の入場もそのような気持ちの表れです。

エキシビジョンならこういうところでも楽しんでもらわなきゃ!

決してノリノリでやっているわけではありません。ファンサービスですよ!!

 

♪入場曲はZeebraのMr.Dynamite!

 

 

fuga0601-63

fuga0601-65

fuga0601-66fuga0601-68fuga0601-69

こんな人たちも

 

fuga0601-36  fuga0601-48 fuga0601-56 fuga0601-60

fuga0601-45

 

2013-06-01_0070

2013-06-01_0071

試合前には試合の歌斉唱もありました。

fuga0601-70

 

もちろん試合も全力です!!

2013-06-01_0110

暖かく見守ってくれたデリッツィア磐田の皆さん、レフリーのおふたり、ありがとうございました!!

Read More